福岡県任意売却業者ナビ | 口コミや評判がよく人気のおすすめ売却業者比較ランキングTOP15!

離婚したら返済はどうなる?住宅ローンの支払いは任意売却で解決?

公開日:2022/08/15


「離婚をしたら、住宅ローンの返済はどうなるのかな?」と疑問に思っている人はいませんか?たとえば離婚をして自宅から出て行ったとしても、ローンの残債を払い続ける必要があるのか、気になる人もいることでしょう。今回は離婚した際の住宅ローン返済について、ローンの支払いに有効な任意売却の詳細と一緒に解説します。

離婚で発生する住宅ローンの問題点

離婚によって住宅ローンの返済が問題となるケースは、決して珍しくありません。たくさんある問題の中でもとくに多いものの一つが「離婚をして自宅を出て行った後も、住宅ローンを支払う必要があるのか」ということです。

結論を述べると、住宅ローンを返済する義務があるかどうかは、住宅ローンの名義人が誰になっているかによります。住宅ローンの名義人になっている場合は、離婚によって自宅を出て行ったとしても、残債の返済義務は発生します。またローンを組む際に夫婦一方の収入のみでは審査に通らず、2人の収入を合わせて、連帯債務者としてローンに申し込むケースもあるでしょう。

さらに、どちらかが連帯保証人となって契約が進む場合もあります。連帯債務者や連帯保証人になっている場合も、住宅ローンの支払い義務が発生します。たとえ当事者同士の話し合いで、連帯債務者・連帯保証人を解除する意向になっても、ローンを貸し付けている金融機関には一切関係ありません。金融機関が認めない限りは、連帯債務者と連帯保証人はローンを支払い続ける必要が生じます。

連帯債務者や連帯保証人を解除する方法

先で述べたように、連帯債務者や連帯保証人の解除を当事者同士で決めても、金融機関が承諾しなければ解除はできません。一般的に解除は難しいものの、一定の条件下であれば金融機関が解除を認めてくれる可能性は高まります。主な条件・方法は次の3つです。

連帯債務者や連帯保証人を解除する方法①
住宅ローンの残債を、一括で返済する

最もスムーズな方法となるのが、住宅ローンの残債を一括で返済することです。連帯債務者と連帯保証人は、どちらも住宅ローンが関わっているもの。そのため、住宅ローンを一括で返済してしまえば、当然のことながら連帯債務者や連帯保証人は必要なくなります。住宅の売却額でローンを一括返済できるのであれば、考えてみてもよい方法です。売却額でローンを一括で返済し、さらに余ったお金は夫婦で分与するとよいでしょう。

連帯債務者や連帯保証人を解除する方法②
単独名義の住宅ローンに切り替える

夫婦どちらかの、単独名義の住宅ローンに切り替える方法もあります。単独名義に切り替えられれば、連帯債務者や連帯保証人はなくなるでしょう。ただし切り替えるためには、新しい名義者に相応の収入が必要です。「充分な返済能力がある」「残債が少ないため、単独でも返済が可能」などと判断されないと、切り替えは難しいでしょう。

連帯債務者や連帯保証人を解除する方法③
他の連帯債務者や連帯保証人を探す

最後の方法は、他の連帯債務者や連帯保証人になってくれそうな人を探すことです。新しい人が見つかり、さらに金融機関が認めれば、連帯債務者や連帯保証人から外れることができます。ただし、そもそも連帯債務者や連帯保証人になってくれそうな人が見つかりにくいこと、また見つかったとしても、金融機関が認めてくれるかどうかはケース次第なことには注意してください。

住宅ローンの不安を少しでも減らしたいなら…。

連帯債務者や連帯保証人になっている場合、離婚をして自宅から出て行くことになっても、住宅ローンの返済義務が発生します。少しでも住宅ローンの不安を解消したいなら、任意売却という方法を取ってみてはいかがでしょうか?

任意売却とは住宅などの不動産を、相場に近い額で売却できる方法を指します。たとえば住宅ローン返済の滞りが続くと、いずれ住宅は競売にかけられてしまいます。競売で売却できる金額は、相場の7割ほど。郊外にあるなどの立地条件が悪いと、6割ほどに下がってしまうこともあるでしょう。対して任意売却は市場に近い金額で売却できるので、住宅ローンの残債を一括で返済できる可能性が高まります。

たとえ全額返済ができなかったとしても、残債を毎月無理なく支払える金額に調整してもらえるよう、金融機関と話し合いすることも可能です。ケースにもよりますが、毎月5千円や1万円など、少ない返済額にしてもらえることもあるでしょう。任意売却には金融機関の承諾が必要となるため、まずは相談してみてください。承諾を得られれば、不動産会社へ査定を依頼します。査定額を金融機関に伝え、合意を得られれば、任意売却に向けた活動を行えるようになります。

 

離婚にともなって自宅を出て行く場合、住宅ローンの連帯債務者や連帯保証人になっていると、離婚後もローンの支払い義務が発生します。住宅ローンの残債を一括で返済すると、返済義務がなくなるため、連帯債務者や連帯保証人は解除されます。住宅を売却する方法の一つが、任意売却です。相場に近い金額で売却できるため、ローン残債の返済を圧縮できるようになるでしょう。

●でおすすめの●5選・ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ベイスライフソレイユ日本不動産販売全日本任意売却支援協会福岡県任意売却支援協会
特徴売却後のサポートも欠かさない支払い負担の軽減を全力でサポート。引越し代の立て替え、一部負担も行う20年の実績の中でお客様を徹底サポート全国38エリアに拠点を置き、110名体制で運営。年間1500件を超える相談実績で安心!豊富な知識と実績を誇る任意売却専門スタッフがすべてをサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧