住宅ローンの返済に困ったら?返済の延長は可能?

公開日:2022/04/15

ローンを組んで住宅を購入したにも関わらず、「業績不振で、ボーナスがカットになった」「家族が病気になり、高額な医療費が必要となった」などの理由から、住宅ローンの返済に困るケースは実際にあることです。住宅ローン返済の延長はできるのでしょうか?今回は住宅ローン返済の延長ができるケースと、できないケースについて解説します。

リスケで返済期間を延長できるケースがある

結論から述べると、住宅ローンの返済延長はできます。最もメジャーな方法の一つが、リスケです。リスケとはリスケジュールの略称で、各金融機関へのローン返済計画を変更することを指します。

資金繰りが難しくなり、ローンの返済に困ったときに、金融機関との話し合いによって、これまでの支払い条件を変えてもらえます。具体的な内容は「返済期間を延長してもらう」「当分の間、毎月の支払額を減額してもらう」などです。ただし、リスケに応じてもらえるかどうかは金融機関次第。リスケの主な条件や減額内容などは次の通りです。

リスケの条件

先に述べたように、リスケに応じるかどうかは金融機関次第です。たとえば「返済能力がほとんどない」と判断されてしまうと、リスケに応じてもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。リスケに応じてもらえる可能性が高い主な条件は、次のようになっています。

・新しい借り入れの予定を持っていない

・安定した収入が期待できる

・住宅ローン返済の困難が、一時的なものである

リスケをした後、新しい条件のもとで住宅ローンを返済できる目途を立てられるかどうかが、応じてもらうためのポイントといえるでしょう。

減額できる範囲

減額できる範囲に決まりはありません。あくまでも金融機関ごとによって決められます。一般的には「少しの元金+利息」となるでしょう。ただし交渉次第では、元金を0円にできるケースもあります。

返済猶予できる期間

基本的にリスケで返済猶予できる期間は、半年~1年です。仮に1年以上のリスケが必要だったとしても、まずは半年や1年で猶予期間を設定しておき、期間が過ぎるタイミングで延長するケースが少なくありません。

返済期間が延長できないケースとは

一方で、以下のようなケースの場合は、返済期間を延長できない可能性が高まります。

返済期間が延長できないケース①:住宅ローンをすでに滞納している

まずはすでに住宅ローンを滞納していることです。すでに滞納していたり、金融機関からの連絡や督促状を無視していたりするケースでは、リスケをしたとしても、住宅ローンの返済が難しいと判断されてしまうでしょう。

返済期間が延長できないケース②:完済年齢を超えてしまう

リスケをしたことで、ローンの完済年齢を超えてしまうことも、返済期間を延長できない可能性を高めてしまうでしょう。そもそも完済年齢は延長できないだけでなく、高齢になればなるほど、返済能力も低くなると金融機関が判断するためです。完済年齢は住宅ローンによって異なるものの、一般的には70歳~80歳の間で設定されます。

返済期間が延長できないケース③:返済期間が35年を超えてしまう

最後は返済期間が35年を超えてしまうケースです。もともとの住宅ローン返済期間が35年だったり、リスケによる延長の結果、合計返済期間が35年を超えてしまったりするような場合、金融機関は基本的にリスケに難色を示します。他の方法を提案されるかもしれません。

住宅ローンで困ったら…

「金融機関にリスケをお願いしたけれども、断られてしまった」「仮にリスケが適用されたとしても、住宅ローンの返済が難しい」といった状況の場合は、任意売却を検討してみるとよいでしょう。任意売却の概要は次の通りです。

不動産を市場に近い相場で売却できる

任意売却とは住宅などの不動産を、市場に近い相場で売却できる方法のことです。売却して得られたお金を、ローンの返済へ回します。住宅ローンを滞納し続けると、やがて競売にかけられるでしょう。競売による売却額は、相場の約7割。たとえば郊外にある住宅の場合は、相場の約6割にまで下がってしまう可能性もあります。

リスケにはない任意売却のメリット

任意売却が持つ最大のメリットは、住宅ローン返済問題を根本的に解決できることです。たとえばリスケができたとしても、その後のローンを返済するための資金繰りができないと意味がありません。再び滞納することとなり、また何かしらの手段を考える必要が出てくるでしょう。

一方で任意売却の場合は、住宅を手放すことにはなるものの、売却で得たお金をローン返済に充てられます。残債があったとしても、返済はずいぶんと楽になるでしょう。一方で資金繰りが一時的なものの場合は、リスケが有効です。住宅を売却する必要がありません。

 

住宅ローンの返済に困った場合、リスケという方法が取れるかもしれません。金融機関との交渉次第ですが、返済期間を延長してもらったり、当分の間は返済額を減らしてもらったりが可能です。ただしそもそも返済能力がない場合は、リスケをしても根本的な問題解決にはならないでしょう。任意売却など、他の方法を検討してみることも大切です。

●でおすすめの●5選・ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ベイスライフソレイユ日本不動産販売全日本任意売却支援協会福岡県任意売却支援協会
特徴売却後のサポートも欠かさない支払い負担の軽減を全力でサポート。引越し代の立て替え、一部負担も行う20年の実績の中でお客様を徹底サポート全国38エリアに拠点を置き、110名体制で運営。年間1500件を超える相談実績で安心!豊富な知識と実績を誇る任意売却専門スタッフがすべてをサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事